小中学校の教員定数と都道府県教員配置基準のギャップ計算

『いま学校に必要なのは人と予算』P189〜193の「先生の基礎定数と現実のギャップを調べてみる」で計算した数値の全都道府県(小中学校)版を掲載します。

ぜひ、自分の都道府県のデータをご覧になって、一覧表で比較してみてください。

◎計算の意味、数値の出典

北海道、青森、岩手、宮城

秋田、山形、福島、茨城

栃木、群馬、埼玉、千葉

東京、弾狎遏⊃軍磧富山

石川、福井、山梨、長野

岐阜、静岡、愛知、三重

滋賀、京都、大阪、兵庫

奈良、和歌山、鳥取、島根

岡山、広島、山口、徳島

香川、愛媛、高知、福岡

佐賀、長崎、熊本、大分

宮崎、鹿児島、沖縄

◎都道府県一覧(小学校、中学校)