◎教育条件整備学習会

□教職員定数がなぜ増えないのだろう?
□「少人数学級」をさらにすすめて欲しい。
□非正規の先生や臨時雇用の職員を、なぜもっと多く正規採用しないのだろう?
□給与の国庫負担割合を、現在の3分の1から以前の2分の1になぜ増やせないのだろう?
□「地方交付税」「総額裁量制」ってなあに?
 こんな疑問や要望をあなたは持っていませんか?
 これらの疑問を少しでも解き明かす学習会をご案内します。ぜひお出かけ下さい。

と き 2月16日(土)午後1時〜4時30分
ところ 長野市 高校会館・本館4F中会議室
講 師 山 洋介 氏

演 題 『本当の30人学級を実現するには?〜学級編制・教職員配置の制度を知り、その実態を調べよう〜』

「ゆとりある教育を求め全国の教育条件を調べる会」事務局長
 奈良市公立小学校教諭
 日本教育法学会会員

◇主催
長野県高等学校教職員組合・教育財政専門委員会
長野県高等学校教育文化会議・教育条件整備研究会~  長野県教職員組合